職場の支援体制の重要性

福利厚生は従業員の支援のために職場によって制度化されたものであり、定められていれば希望する限りは利用できるようになっています。
子育てをする上では女性にとって大切になるものでしょう。

特に、仕事量が多くて勤務時間も乱れやすい看護師にとっては重要になるのは必然です。しかし、福利厚生の利用だけでは子育てが難しいと感じる看護師も多い実態もあります。

女性看護師として働いていくためにはそれ以上に助けになる支援を職場から受けられる可能性を考えておくことが大切です。
職場の環境は個々に大きく違い、現場で同僚や上司が子育てに関してどのように捉えているかで仕事自体にも相違が生まれます。子育てをしている女性を助けようという雰囲気のある職場で働いていると、妊娠したという頃から仕事の量を減らしてもらえるという待遇が与えられる場合もあるのです。残業をしないで済むように仕事を肩代わりしてくれる同僚もいるでしょう。
制度化はされていなくても現場の同僚や上司が配慮してくれるだけで看護師は子育てをしやすくなります。

また、福利厚生を利用するという視点も大切ですが、職場環境を重視するのも必要なことでしょう。後には自分が他の看護師の子育てを助けるように協力する必要が生まれますが、そのように互いに配慮し合える職場では看護師同士の仲も良いことが多く、長く働いていきたいという気持ちも強くなります。そのような環境が整っている職場探しは、女性にとって重要なのです。

上記を踏まえて、働く女性が福利厚生を把握しているか否かでは、働き方に大きな差が生まれます。損をしないためにも、福利厚生についてしっかり調べておくようにしましょう。筆者オススメのサイト→「知らなきゃ損!ママに優しい福利厚生